大嶺實清
 
HOME   大嶺實清さんの最新作を見る
現代の巨匠 大嶺實清さん
大嶺實清
スライドショーはこちらから
大嶺實清
大嶺實清 作品紹介
大嶺實清
ゴールドハンドと呼ばれる
巨匠 大嶺實盛さんの手です。
大嶺實清
包容力あふれるこの手が、歴史に残る数々の傑作を作り上げてきました。
  現代沖縄の陶芸界にあって大嶺實清さんの存在は、紛れも無く第一人者であり、大嶺さんの紹介記事には必ずといっていい程 「巨匠」 とのタイトル付きで呼ばれています。
  下の経歴からもわかるように、大嶺さんは創作活動に熱心であるだけでなく、常に沖縄の陶芸技術の推移や窯の歴史的考証を多くのフィールドワークを通して追求してきました。 
大嶺實清
  これらの研究結果は、沖縄芸術大学の教授時代より今日まで、多くの後進の指導にも生かされています。大嶺さんの作品は多くの表情を持っています。  伝統的な容(かたち)を一層洗練させた、繊細さあふれる白地の作品群から、新領域への挑戦とも思える “イマジネーションに一切タガをはめることなく仕上げた奔放な作品” まで、じつに多彩です。 
 

1933年 沖縄県に生まれる
1961年 立命館大学文学部哲学科卒業
1963年 絵画 「グループ耕」 を結成
1970年 首里城北の丘に 石嶺窯」 を築く
1974年 個展 銀座松屋ギャラリーにて (東京)
個展 沖縄タイムスホールにて (那覇市)
1976年 個展 工芸館画廊 (那覇市)
1979年 個展 青山グリーン・ギャラリー (東京)
1980年

読谷村に 「読谷山窯」 を築く

1981年 個展 赤坂グリーン・ギャラリー (東京)
個展 クラフト国吉ギャラリー (那覇)
1982年 パナリ(新城島)下地で土器を焼成
1983年 個展 赤坂グリーン・ギャラリー (東京)
個展 県民ギャラリー (那覇)
1985年 個展 赤坂グリーンギャラリー (東京)
1986年 沖縄県立芸術大学の教授となる
個展 渋谷西部デパート (東京)
個展 ぴんクラフト (東京)
1987年 個展 赤坂グリーン・ギャラリー (東京)
1988年 個展 画廊1956 (那覇)
1989年

韓国 慶尚湘南道、左蜂家窯で井戸茶碗焼成
個展 赤坂グリーン・ギャラリー (東京)
個展 市民ギャラリー (那覇)

1990年 パナリ(新城島)下地で土器を焼成
個展 ぎゃらりー大村 (秋田)
1991年 タイ パンチェン・カムオウ村で土器を焼成
中国 雲南省西双版納で土器を焼成
個展 赤坂グリーン・ギャラリー (東京)
1992年 個展 ぎゃらりー大村 (秋田)
1997年 沖縄県立芸術大学の教授を退官
2002年 沖縄県立芸術大学の学長に就任
2003年 沖縄県立芸術大学の学長を退官
2004年 沖縄県立芸術大学の名誉教授として後進の指導
現在にいたる
2006年 個展 GALLERY 宇(そら) (那覇)
 お買い物に戻る 琉球 COLLECTION 叶
〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里 985−6
TEL/FAX: 0980−75−3818
 
E-mail: info@kana-miyakojima.com
 叶のトップに戻る
 作家一覧を見る

Copyright (C) 2005-2014  KANA-MIYAKO.COM  All Rights Reserved